そのタイミング? ヤクルト寺原が語ったソフト戦力外秘話

公開日: 更新日:

 ヤクルト寺原隼人(35)が6日にブルペンに入り、春季キャンプ最多となる114球を投じた。11月にソフトバンクから戦力外通告を受け、その3週間後にヤクルトとの契約が発表された。今季は2017年以来の先発再転向となるベテランに、クビ切り宣告を受けたときの心境などを聞いた。

■「ホークスに未練はないです」

 ――去年の日本シリーズではチームに帯同していたが、そのときから戦力外の危機感はあったのか。

「もちろんあったし、噂も耳に入っていたから、正直、『何で日本シリーズに行かないといけないのかな』というのもあった。『どうせ(戦力外だと)言われるのに、何で呼ばれるのかな』と思っていた」

 ――昨オフ、ソフトバンクは12人(育成除く)が戦力外になった。

「実際に(戦力外と)言われたのは日本シリーズが終わった日の夜。ビールかけが終わって(宿舎の)部屋に帰ってひとりでゆっくりしていたとき、夜中の1時くらいにフロントの人から電話がかかってきたんです。覚悟はできていたけど、電話のタイミングはさすがに知らなかったので、『え? 今!?』と思って。せめて(日本シリーズの)次の日くらいかと思ったから、さすがに突然すぎてびっくりした。(戦力外の事実)そのものじゃなく、そのタイミングで言われるのかと驚きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  5. 5

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る