そのタイミング? ヤクルト寺原が語ったソフト戦力外秘話

公開日: 更新日:

 ヤクルト寺原隼人(35)が6日にブルペンに入り、春季キャンプ最多となる114球を投じた。11月にソフトバンクから戦力外通告を受け、その3週間後にヤクルトとの契約が発表された。今季は2017年以来の先発再転向となるベテランに、クビ切り宣告を受けたときの心境などを聞いた。

■「ホークスに未練はないです」

 ――去年の日本シリーズではチームに帯同していたが、そのときから戦力外の危機感はあったのか。

「もちろんあったし、噂も耳に入っていたから、正直、『何で日本シリーズに行かないといけないのかな』というのもあった。『どうせ(戦力外だと)言われるのに、何で呼ばれるのかな』と思っていた」

 ――昨オフ、ソフトバンクは12人(育成除く)が戦力外になった。

「実際に(戦力外と)言われたのは日本シリーズが終わった日の夜。ビールかけが終わって(宿舎の)部屋に帰ってひとりでゆっくりしていたとき、夜中の1時くらいにフロントの人から電話がかかってきたんです。覚悟はできていたけど、電話のタイミングはさすがに知らなかったので、『え? 今!?』と思って。せめて(日本シリーズの)次の日くらいかと思ったから、さすがに突然すぎてびっくりした。(戦力外の事実)そのものじゃなく、そのタイミングで言われるのかと驚きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  9. 9

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る