OP戦できっちり結果 広島小園ますます高まる開幕一軍期待

公開日: 更新日:

 マツダを縦横無尽に駆け回った。

 昨5日、巨人とのオープン戦に途中出場したドラフト1位ルーキーの小園海斗(18=報徳学園)。本拠地初実戦となったが、四回から遊撃の守備に就くと、坂本勇の打ったゴロを軽快にさばき、第2打席では捕手前に転がるボテボテの当たりを俊足で内野安打にした。

 ここまでオープン戦4試合すべてで安打を記録。守備も一軍レベルと遜色ないその姿に「開幕一軍」の期待は大きくなる一方だが、広島は「高卒ルーキーはファームで育成」という球団方針が強く、その壁は他球団と比べて高い。緒方監督も「(一軍帯同は)ある程度の時期まで」と慎重な姿勢を崩していない。

 実際、平成の球団史で開幕一軍を果たした高卒新人野手は1人もいない。しかも、チームには6年連続ゴールデングラブ賞の菊池涼介、568試合連続フルイニング出場中の田中広輔という絶対的な二遊間が君臨。その二遊間には上本や曽根らも控えており、ベンチ入りすら簡単ではない。それでも小園は「開幕一軍」への強い意志を持ち、広島の高卒新人野手で27年ぶり一軍キャンプを完走。2月末には一軍寮への引っ越しも果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る