竜開幕カード負け越しで…根尾に一軍“フライング昇格”の声

公開日: 更新日:

「与田監督も身動きが取れないでしょう」

 敵地・横浜でDeNA相手に1勝2敗と負け越した中日のチーム関係者がこうつぶやいた。

 2戦目こそ9得点で大勝したものの、1点に終わった初戦に加え、この日も2―3でサヨナラ負け。得点力不足に泣いた。

 そこで中日周辺では早くも、「去年と同じく接戦に弱い。今年も苦しい戦いになる。いっそのこと根尾(18=大阪桐蔭)を一軍に上げて、英才教育を施してもいい」との声が出ているが、冒頭の関係者は「肝心の根尾が二軍で苦しんでいる」と、こう続けるのだ。

「打撃も守備も、まだ一軍レベルではない。最も評価されていた打撃でさえ、54打数8安打の打率.148。二軍投手相手にタイミングが合わず苦戦している。一軍に上げたくても上げられる状態ではありません」

 一軍デビューはまだ先か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る