プロ初安打の中日・根尾 “一歩先行く”小園に追いつく根拠

公開日: 更新日:

 昨年のドラフトで4球団の1位入札が競合したのが、大阪桐蔭の根尾昂(中日)と報徳学園の小園海斗(広島)だった。

 キャンプから一軍に帯同し続け、オープン戦8試合で14打数5安打1本塁打と気を吐いている小園に対し、根尾はケガもあって13日に一軍昇格したばかり。14日の西武戦に2番・遊撃でスタメン出場して1打席目にプロ初安打となる左前打を放った。現段階で根尾は小園に一歩も二歩も遅れているものの、「な~に、すぐ小園に追い付きますよ」と、根尾をクジで外したある球団のスカウトがこう言った。

「体力や体の強さは小園が上だったが、根尾にはそれを補って余りあるものがある。中学時代から学校の成績はいいし、スキーも全国でトップクラス。野球以外の選択肢もかなりあったのに、高校進学時に進路をプロ野球一本に絞る覚悟というか、気持ちの強さですよ。プロ入り後も練習は人一倍やっているというし、出遅れはじきに取り戻すでしょう」

 試合後の本人は「(初ヒットは)自信にはなるけど、これからもっとやっていかないと」とコメント。与田監督は「うまくいったところと、そうでないところがあったので、今後の試合につなげていって欲しい」と話し、16日からの楽天戦(静岡)には帯同させない方針だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る