世界選手権2種目代表も…大橋悠依“和製鉄の女”へ6秒の壁

公開日: 更新日:

 世界選手権(7月=韓国)代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権(東京・辰巳)最終日が8日に行われ、女子400メートル個人メドレーで、大橋悠依(23)が4分33秒02で優勝。派遣標準記録(4分36秒35)を突破し、200メートル個人メドレーに次いで2種目での代表入りを決めた。

 今大会開幕後は、自分のイメージと実際の泳ぎのギャップに悩まされていたそうで「世界水泳ではどんな状態でも結果を残せるように、夏に向けて練習していきたい」と話した。

 白血病治療に専念している池江璃花子(18)に代わる女子のエースは、得意の個人メドレーで2度目の世界選手権の舞台に立つ。今夏のライバルとなるのは、リオ五輪金メダル(200、400メートル個人メドレー、100メートル背泳ぎ)のカティンカ・ホッスー(29=ハンガリー)。複数種目をこなし、“鉄の女”の異名を持つ、女子の競泳界を牽引するトップスイマーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る