池江に代わり女子エースに 大橋悠依が狙う複数種目メダル

公開日: 更新日:

 競泳の日本選手権は3日、男女計3種目の決勝を行い、女子200メートル個人メドレーで、2017年世界選手権(ブダペスト)銀メダルの大橋悠依(23)が、2分9秒27で優勝。派遣標準記録(2分10秒97)をクリアし、世界選手権(7月=韓国・光州)代表入りを決めた。

 自身の持つ日本記録(2分7秒91)更新を逃した大橋は「夏に向けて課題ができた。世界水泳では自己ベストを塗り替えたい」と悔しそうな表情を見せた。

 白血病治療で欠場中の池江璃花子(18)に代わる女子のエースと期待される大橋。今大会は得意とする個人メドレー2種目(200、400メートル)の他、200メートルバタフライ(6日決勝)に初めてエントリーした。これは個人メドレーの強化と同時に、東京五輪出場が危ぶまれる池江の穴を埋める狙いもある。

 お家芸の一つとして、メダル量産が期待される競泳にとって池江不在は痛手だ。自由形、バタフライの100メートル、200メートルの4種目での表彰台が有力視された池江の代役として、大橋に複数種目で出場させたい日本水連の思惑からだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る