池江に代わり女子エースに 大橋悠依が狙う複数種目メダル

公開日: 更新日:

 競泳の日本選手権は3日、男女計3種目の決勝を行い、女子200メートル個人メドレーで、2017年世界選手権(ブダペスト)銀メダルの大橋悠依(23)が、2分9秒27で優勝。派遣標準記録(2分10秒97)をクリアし、世界選手権(7月=韓国・光州)代表入りを決めた。

 自身の持つ日本記録(2分7秒91)更新を逃した大橋は「夏に向けて課題ができた。世界水泳では自己ベストを塗り替えたい」と悔しそうな表情を見せた。

 白血病治療で欠場中の池江璃花子(18)に代わる女子のエースと期待される大橋。今大会は得意とする個人メドレー2種目(200、400メートル)の他、200メートルバタフライ(6日決勝)に初めてエントリーした。これは個人メドレーの強化と同時に、東京五輪出場が危ぶまれる池江の穴を埋める狙いもある。

 お家芸の一つとして、メダル量産が期待される競泳にとって池江不在は痛手だ。自由形、バタフライの100メートル、200メートルの4種目での表彰台が有力視された池江の代役として、大橋に複数種目で出場させたい日本水連の思惑からだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る