100背Vも代表逃す…女子高生スイマー酒井夏海に“10%の壁”

公開日: 更新日:

 女子の新鋭が不完全燃焼に終わった。

 世界選手権(7月=韓国)の代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権は4日、女子背泳ぎ100メートル決勝を行い、酒井夏海(17=武南高)が59秒98で3年ぶり2度目の優勝。派遣標準記録(59秒68)に届かず、この種目での代表入りを逃したが、400メートルメドレーリレーのメンバーに内定した。

 得意とする100メートルで代表権を逃した酒井は「自分の泳ぎができなかった。(個人種目で)代表に入らないと意味がない」と、7日決勝の200メートルでの派遣標準記録突破に意欲を見せた。

 女子背泳ぎは五輪で、過去4個のメダルを獲得しているが、12年ロンドン大会100メートルで寺川綾の銅メダル獲得を最後に低迷。16年リオ五輪に加え、世界選手権2大会(ロシア、ハンガリー)も表彰台を逃した。昨年のアジア大会(ジャカルタ)で金メダルを獲得した酒井は女子背泳ぎの救世主と期待されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  9. 9

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る