杉本英世
著者のコラム一覧
杉本英世

1983年2月16日生まれ、静岡県伊東市出身。高卒後に地元の川奈ホテルゴルフコースで石井茂に師事してプロゴルファーを目指し、59年のプロテスト合格。64年日本オープンで初優勝。180センチ近い長身からパーシモン時代の飛ばし屋として知られ、「ビッグ・スギ」の愛称で絶大な人気を博した。メジャーにも出場し、マスターズ2度(67、68年)、全米オープン1度(68年)の実績がある。68年には日本人で初めて米ツアーのライセンスを獲得して、参戦した。同じ時期に活躍した河野高明、安田春雄とともに、和製ビッグ3と呼ばれた。「アメリカン打法」など数々の新しい理論を提案し、レッスンの分野でも「ビッグ・スギの奇跡の回転打法」「トッププロが教えるゴルフ開眼のヒント」「ゴルフの極意」など著書がある。第一線を退いてからもコース設計やトーナメントの解説、レッスン番組など幅広く活躍してきた。

つかまるボールを打つためには体を水平にターンさせる

公開日: 更新日:
(イラスト・渡辺隆司)

 かつて米ツアーではフィニッシュで体を弓なりに反る逆C字形のスイングをする選手が多かった。「スライド&ターン」といわれ、ダウンスイングでひざを平行にスライドさせてから体をターンするスイングをアメリカ打法と言った。しかし、1968年に米ツアーQT(クオリファイングトーナメント)に合…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!