ケプカがバーディー量産 自己ベスト66マークで首位タイ

公開日: 更新日:

【マスターズ】初日

 トップと4打差に20選手がひしめく混戦となった大会初日。首位タイに並んだのは最終組でプレーしたメジャー3勝(2017・18年全米オープン連覇、18年全米プロ)のブルックス・ケプカ(28)だ。

 丸太棒のような腕から300ヤードを楽々超える飛ばし屋として知られ、2018~19年シーズンもすでに1勝を挙げている。

 マスターズは4年連続出場で、オーガスタでのベストスコアは昨年大会最終日の69。60台はこの1回だけだが、初日に66と更新した。

 前半は2番パー5のバーディーひとつ。折り返してから爆発した。10番で1.5メートルのバーディーパットを沈めると、12番のチップインから15番まで怒涛の4連続バーディーショーを見せた。

 この日のケプカはショット、パットとも不安要素がなく、やりたい放題だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る