ケプカがバーディー量産 自己ベスト66マークで首位タイ

公開日: 更新日:

【マスターズ】初日

 トップと4打差に20選手がひしめく混戦となった大会初日。首位タイに並んだのは最終組でプレーしたメジャー3勝(2017・18年全米オープン連覇、18年全米プロ)のブルックス・ケプカ(28)だ。

 丸太棒のような腕から300ヤードを楽々超える飛ばし屋として知られ、2018~19年シーズンもすでに1勝を挙げている。

 マスターズは4年連続出場で、オーガスタでのベストスコアは昨年大会最終日の69。60台はこの1回だけだが、初日に66と更新した。

 前半は2番パー5のバーディーひとつ。折り返してから爆発した。10番で1.5メートルのバーディーパットを沈めると、12番のチップインから15番まで怒涛の4連続バーディーショーを見せた。

 この日のケプカはショット、パットとも不安要素がなく、やりたい放題だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    虎糸井もはや不良債権 去就はドラフトでの近大・佐藤次第

もっと見る