成田美寿々ひと皮向け12勝目 課題の“3パットの壁”克服

公開日: 更新日:

【ヤマハレディース】

 4打差3位タイ発進の成田美寿々(26)が、67のベストスコアで回り、逆転でツアー通算12勝目を挙げた。最終日は折り返して11番、12番の連続バーディーで首位のアン・ソンジュ(31)に追いつき、息詰まるマッチプレーの様相になった。

 14番でアンがボギーをたたくと成田が単独首位に浮上。それでも17番パー3でアンが10メートル近いバーディーパットを放り込み、再び首位タイに並ぶと決着は最終18番パー5へ。ここで2オンに成功した成田が2パットバーディーを決めて、パーセーブのアンを突き放した。田原紘プロがこう言う。

「アンの14番ボギーは絶対にいってはいけないグリーン奥へショートアイアンで打ったボールが転がり出たのが原因であり、アイアンのうまい彼女では考えられないミス。おそらく首痛から1番手上のクラブを手にしてコントロールできなかったのだろう。ベストコンディションでなかったアンの隙をついて、崩れなかった成田のゴルフが素晴らしかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る