成田美寿々ひと皮向け12勝目 課題の“3パットの壁”克服

公開日: 更新日:

【ヤマハレディース】

 4打差3位タイ発進の成田美寿々(26)が、67のベストスコアで回り、逆転でツアー通算12勝目を挙げた。最終日は折り返して11番、12番の連続バーディーで首位のアン・ソンジュ(31)に追いつき、息詰まるマッチプレーの様相になった。

 14番でアンがボギーをたたくと成田が単独首位に浮上。それでも17番パー3でアンが10メートル近いバーディーパットを放り込み、再び首位タイに並ぶと決着は最終18番パー5へ。ここで2オンに成功した成田が2パットバーディーを決めて、パーセーブのアンを突き放した。田原紘プロがこう言う。

「アンの14番ボギーは絶対にいってはいけないグリーン奥へショートアイアンで打ったボールが転がり出たのが原因であり、アイアンのうまい彼女では考えられないミス。おそらく首痛から1番手上のクラブを手にしてコントロールできなかったのだろう。ベストコンディションでなかったアンの隙をついて、崩れなかった成田のゴルフが素晴らしかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る