日ハム輝星は1月からこだわり 速球いまだ「6~7割」のワケ

公開日: 更新日:

「ストレートの質は今は6~7割くらいですね」

 こう言ったのは、日本ハムの吉田輝星(18)。21日のヤクルト二軍戦(戸田)で公式戦3度目の先発マウンドに上がり、3回5安打1失点だった。

 この日は初回からあえて、速球のみで勝負した。「わかっていても打てないような速球を目指したい」とテーマを持って試合に臨んだからだ。バランス重視で力の入れ具合は7割程度にセーブ。2イニング目の途中から変化球も投じた。最速147キロをマークした速球の平均球速は144キロとスピードは上向きつつあり、与四球もゼロだったが、本人は「試合を重ねるごとに試合勘や変化球が良くなっていると思うが、速球の勢いが物足りない。伸びやキレがあれば、もっと球速は上がっていくと思う。追い込んだときに力む感じだったので、リリースの時だけに力を入れて投げられるようにしたい」と、課題を口にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  10. 10

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る