日ハム輝星に早期一軍先発の目 新戦術オープナーが後押し

公開日: 更新日:

■基本線は5月から6月も
 
 日本ハムの新戦術が一軍デビューに影響するかもしれない。

 ドラフト1位の吉田輝星(18)のことである。

 吉田輝は去る3日の巨人との二軍戦で公式戦初先発し、3回4安打1失点。変化球はほぼ投げず、最速147キロをマークした直球主体の投球ながら、4奪三振。「今までより安定した投球ができた」と本人も一定の手応えを得た。

 首脳陣の評価も上向いている。吉田輝はキャンプ時、フォームが安定せず、制球が乱れるなど苦しんでいたところがあったが、今はブルペン投球はもちろん、実戦でもボールのキレや球の強さが向上し状態はかなりよくなっているとみている。

 次回は12日からのロッテとの二軍戦に登板し、前回と同様に3イニングを投げる予定。その後は体の状態と相談しながら徐々にイニング数を増やしていき、5月下旬から6月上旬の一軍デビューに向けて調整を進めていくとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る