日ハム輝星に早期一軍先発の目 新戦術オープナーが後押し

公開日: 更新日:

■基本線は5月から6月も
 
 日本ハムの新戦術が一軍デビューに影響するかもしれない。

 ドラフト1位の吉田輝星(18)のことである。

 吉田輝は去る3日の巨人との二軍戦で公式戦初先発し、3回4安打1失点。変化球はほぼ投げず、最速147キロをマークした直球主体の投球ながら、4奪三振。「今までより安定した投球ができた」と本人も一定の手応えを得た。

 首脳陣の評価も上向いている。吉田輝はキャンプ時、フォームが安定せず、制球が乱れるなど苦しんでいたところがあったが、今はブルペン投球はもちろん、実戦でもボールのキレや球の強さが向上し状態はかなりよくなっているとみている。

 次回は12日からのロッテとの二軍戦に登板し、前回と同様に3イニングを投げる予定。その後は体の状態と相談しながら徐々にイニング数を増やしていき、5月下旬から6月上旬の一軍デビューに向けて調整を進めていくとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る