平成ラスト王者を公言も…池田勇太またまた“言うだけ番長”

公開日: 更新日:

【東建ホームメイトカップ】

 男子ツアーの国内初戦はB・ジョーンズ(44=豪州)が64で回り、通算15アンダーで逆転V。

 スター選手不在で低迷する男子ツアーは初っぱなから“好材料”が乏しく、先が思いやられる。

 今大会は選手会長の石川遼が腰痛のため欠場し、副会長の池田勇太が代役を務めた。プロアマ戦恒例の鏡割りイベントに登場。そこで青木功JGTO会長(76)の「今週勝てば、(次戦は5月開催なので)平成最後の優勝者」というスピーチを聞いて、池田は「ぜひ、平成最後のチャンピオンになれるように頑張る。優勝するしかない」と意気込んだ。

 ところが3日目に73と崩れて23位に後退。最終日は66と“まくった”が、5打差8位タイと優勝争いに絡めなかった。

 池田はすでにツアー通算20勝を挙げており、国内ツアーの「顔」になってもおかしくないが、客を呼べる魅力のあるプロか、といえば力不足は否めない。それは、普段の言動と成績が比例しないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る