平成ラスト王者を公言も…池田勇太またまた“言うだけ番長”

公開日: 更新日:

【東建ホームメイトカップ】

 男子ツアーの国内初戦はB・ジョーンズ(44=豪州)が64で回り、通算15アンダーで逆転V。

 スター選手不在で低迷する男子ツアーは初っぱなから“好材料”が乏しく、先が思いやられる。

 今大会は選手会長の石川遼が腰痛のため欠場し、副会長の池田勇太が代役を務めた。プロアマ戦恒例の鏡割りイベントに登場。そこで青木功JGTO会長(76)の「今週勝てば、(次戦は5月開催なので)平成最後の優勝者」というスピーチを聞いて、池田は「ぜひ、平成最後のチャンピオンになれるように頑張る。優勝するしかない」と意気込んだ。

 ところが3日目に73と崩れて23位に後退。最終日は66と“まくった”が、5打差8位タイと優勝争いに絡めなかった。

 池田はすでにツアー通算20勝を挙げており、国内ツアーの「顔」になってもおかしくないが、客を呼べる魅力のあるプロか、といえば力不足は否めない。それは、普段の言動と成績が比例しないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る