早くも中5日解禁 原監督を知り尽くす菅野は“馬車馬”の覚悟

公開日: 更新日:

 巨人のエース菅野智之(29)がまだ4月だというのに、早くもフル回転する。

 25日のヤクルト戦に今季初の中5日で先発予定。自身は前回のヤクルト戦を7回1失点で勝利したものの、その後、チームは2試合で22失点を喫して連敗。首位攻防戦でもあり、間隔を詰めてエースが投入されることになった。

 昨季までの高橋由伸前監督時代は、球宴前のスクランブル登板として6月下旬~7月上旬に中5日が解禁された。

 後半戦はCS争いなどが佳境に入る9月半ば以降にムチが入るケースが多かった。対戦2巡目での「解禁」は異例である。

 原辰徳監督(60)は先発6人を中6日で回す基本スタイルより、少数精鋭で登板間隔を詰めながら戦うことを理想とする。

 伯父でもある指揮官の性格を知り尽くす菅野は、当初からこれを想定していたフシがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  10. 10

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る