早くも中5日解禁 原監督を知り尽くす菅野は“馬車馬”の覚悟

公開日: 更新日:

 巨人のエース菅野智之(29)がまだ4月だというのに、早くもフル回転する。

 25日のヤクルト戦に今季初の中5日で先発予定。自身は前回のヤクルト戦を7回1失点で勝利したものの、その後、チームは2試合で22失点を喫して連敗。首位攻防戦でもあり、間隔を詰めてエースが投入されることになった。

 昨季までの高橋由伸前監督時代は、球宴前のスクランブル登板として6月下旬~7月上旬に中5日が解禁された。

 後半戦はCS争いなどが佳境に入る9月半ば以降にムチが入るケースが多かった。対戦2巡目での「解禁」は異例である。

 原辰徳監督(60)は先発6人を中6日で回す基本スタイルより、少数精鋭で登板間隔を詰めながら戦うことを理想とする。

 伯父でもある指揮官の性格を知り尽くす菅野は、当初からこれを想定していたフシがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る