東京五輪メイン球場で完投 巨人菅野は“侍Jエース”も手中に

公開日: 更新日:

 巨人の菅野智之(29)が粘りの投球を見せた。5日の横浜スタジアムは本塁からセンター方向へ強い風が吹いていた。試合前、坂本勇はこう言った。

「みんな(東京)ドーム、ドーム言うけど、一番ホームランが出やすいのは絶対ここ。いつも風が押してますしね」

 初回、坂本勇が宣言通りに先制弾を放つ。丸も続くアベック弾で2点を先制したものの、菅野もその裏、風の餌食となる。ソトと筒香の連続アーチであっという間に同点とされた。しかし、エースはここから粘る。二回以降は二塁を踏ませない投球。八回には3者連続三振を奪い、137球を投げ切り完投勝利。七回のゲレーロの勝ち越し弾による1点を守り切った。

 この日は、侍ジャパンの稲葉監督が視察に訪れた。来年に迫った東京五輪では決勝戦を含め、メイン会場となる横浜スタジアムは、バックネット裏や外野席が増設されている。「席が増えて風の影響も変わった。こういう風の日に試合を見られて良かった」とは稲葉監督。菅野については「これからの大会で優勝するためには経験のある選手が必要になる。この1年かけてしっかり見ていきたい投手」と期待を寄せる。日本のエースが、メイン球場でどういう投球を見せるのか、チェックする意味合いもあったようだ。NPB関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る