東京五輪メイン球場で完投 巨人菅野は“侍Jエース”も手中に

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(29)が粘りの投球を見せた。5日の横浜スタジアムは本塁からセンター方向へ強い風が吹いていた。試合前、坂本勇はこう言った。

「みんな(東京)ドーム、ドーム言うけど、一番ホームランが出やすいのは絶対ここ。いつも風が押してますしね」

 初回、坂本勇が宣言通りに先制弾を放つ。丸も続くアベック弾で2点を先制したものの、菅野もその裏、風の餌食となる。ソトと筒香の連続アーチであっという間に同点とされた。しかし、エースはここから粘る。二回以降は二塁を踏ませない投球。八回には3者連続三振を奪い、137球を投げ切り完投勝利。七回のゲレーロの勝ち越し弾による1点を守り切った。

 この日は、侍ジャパンの稲葉監督が視察に訪れた。来年に迫った東京五輪では決勝戦を含め、メイン会場となる横浜スタジアムは、バックネット裏や外野席が増設されている。「席が増えて風の影響も変わった。こういう風の日に試合を見られて良かった」とは稲葉監督。菅野については「これからの大会で優勝するためには経験のある選手が必要になる。この1年かけてしっかり見ていきたい投手」と期待を寄せる。日本のエースが、メイン球場でどういう投球を見せるのか、チェックする意味合いもあったようだ。NPB関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る