菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

公開日: 更新日:

 実に投げやすそうである。巨人の開幕投手を務める菅野智之(29)が、圧巻の投球を見せた。

 14日のソフトバンク戦は五回まで1人も走者を許さない完全投球。六回に三塁に入ったビヤヌエバの緩慢な守備による内野安打2本こそ許したものの、打たれたヒットはこれだけ。6回6奪三振無失点で、試合後は「いい準備ができた。前回はスライダーの逆球が多かったので、今回はある程度思ったところに投げられたので満足している」と振り返った。

 前回の登板はオープン戦ワーストの4回9安打6失点だった。実戦で2度目のコンビとなる捕手の炭谷銀仁朗(31)と全く息が合わなかった。その前に組んだ楽天戦も2回2失点(自責1)。原監督は「2人の防御率はあまり良くないね」と10.50に跳ね上がった防御率を危惧していた。

 試合前に意見交換して臨んだという菅野は「僕がそこに投げ切れていない。リード以前の問題」と炭谷をかばい、責任を背負った。そして「変化球の精度。感覚的なところ。原因は分かっているので修正できる」と断言した通り、昨年の日本一チームを相手に、中5日で立て直した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る