松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

脳みそにかび生えたじじいよ 大谷翔平は「タレント」ぞ?

公開日: 更新日:

 投手か野手か2つしかなかったメジャーリーグの選手登録に、とうとう「二刀流枠」というのができた。両方やる選手OKですからどうぞ! ってこった。

 アメフットなどに人気を奪われて人気が落ち目のMLBへ、海を渡ってきた日本の若者が、二者選択しかなかった古くからの野球の常識をひっくり返したのだ。これをきっかけに両方やれるなら野球やってみっぺかな~って子が増え、野球市場が広がるとメジャーが本腰を入れ出したのだ。 

 3Aにゃ二刀流やらせろって若いのが増えとる。広いアメリカにゃ、「オクラホマからオクラホばせながら野球やらせちくれんね。ガキん頃から遠投得意。平べったい石ば川に投げち、20回ピョンピョン跳ねるばい。サイドスローでトルネードんごたる魔球はオクラホマミキサーち呼ばれちょったったい!」てな肩自慢も出てくっぞ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る