松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

甲子園はサイン盗み何でもありの“せん滅戦”じゃないのか?

公開日: 更新日:

 春のセンバツ高校野球で星稜高校の監督が習志野高校の「サイン盗み」に激怒したって話。

 関係各位のご意見で笑っちまったのが、名将と覚えめでたき明徳義塾の馬淵監督。

「やってくるもんだと思って、うちは複雑なサインを出してるよ」

 つまり、「サイン盗み」はある、とおっしゃってるわけですねマブチさん。高野連では「サイン盗みをしてはいけない」というルールがありますよね? それを、

「ルールで縛ると野球じゃなくなる」

 ……ってことはつまり、ルールはあってないようなものだト、ルールを無視して好き放題にやるのが高校野球だト、いちいちルールなんか守ってたら野球ができるかい、とおっしゃってるわけですよねマブチさん。松井5敬遠はルールにのっとってやったことだとおっしゃいませんでしたっけ?(オレの記憶違いならごめんなさいヨ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る