松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

甲子園はサイン盗み何でもありの“せん滅戦”じゃないのか?

公開日: 更新日:

 春のセンバツ高校野球で星稜高校の監督が習志野高校の「サイン盗み」に激怒したって話。

 関係各位のご意見で笑っちまったのが、名将と覚えめでたき明徳義塾の馬淵監督。

「やってくるもんだと思って、うちは複雑なサインを出してるよ」

 つまり、「サイン盗み」はある、とおっしゃってるわけですねマブチさん。高野連では「サイン盗みをしてはいけない」というルールがありますよね? それを、

「ルールで縛ると野球じゃなくなる」

 ……ってことはつまり、ルールはあってないようなものだト、ルールを無視して好き放題にやるのが高校野球だト、いちいちルールなんか守ってたら野球ができるかい、とおっしゃってるわけですよねマブチさん。松井5敬遠はルールにのっとってやったことだとおっしゃいませんでしたっけ?(オレの記憶違いならごめんなさいヨ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る