平成から令和へ 八角理事長が描く「新時代の大相撲」とは

公開日: 更新日:

苦労も充実感も倍

 江戸時代からの相撲文化を継承し続けている日本相撲協会。近年は満員御礼が続くなど盛り上がる一方、元顧問の背任行為や貴乃花の造反、暴力問題と、平成は激動の時代でもあった。元号が令和に変わったいま、舵取り役の八角理事長(元横綱北勝海)は、新時代に向けてどんなビジョンを描いているのか。

 ◇  ◇  ◇

 ――理事長にとって、平成はどんな時代でしたか。

「まず、思い出すのは1989年、つまり平成元年の1月場所で優勝したことですね。前年夏場所の千秋楽と、続く3場所を休場と苦しんでいた時期。それだけにうれしかったですよ。87年に横綱に昇進して、92年に引退。横綱時代の5年間は死に物狂いでやって結果を出せた。苦しかったけど、充実していました。もう私の人生でこれ以上のことはないだろうと思っていたんですが、私が理事長になった時期が時期ですから(2015年)。大変さで言えば現役時代の倍ですが、いまが一番充実していると思いますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  2. 2

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  9. 8

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  10. 9

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  11. 10

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

もっと見る