白鵬を“傍若無人”横綱に育て…宮城野親方はまるで使い走り

公開日: 更新日:

 反省の色はなく、それどころか何で怒られたのかいまだに理解していないようだ。

 25日、3月場所の三本締めでけん責処分を受けた横綱白鵬(34)が報道陣に対応。

「勉強不足だった。また一から勉強していきたい」

 と殊勝な態度を見せたのもつかの間、「やりすぎず、守りすぎず。それが一番難しい」ときた。

 白鵬は3月場所の優勝インタビューで館内に三本締めを要求。この行為が「相撲道の伝統と秩序を損なう行為」と判断され、処分を食らった。

 にもかかわらず、この発言だ。2017年11月場所の万歳三唱といい、今回の三本締めといい、なぜその行為がとがめられたか、白鵬は何もわかっちゃいない。それとも、わかった上で協会をナメ腐っているのかどうか。だとすれば、「一本締めならいいのかも」と思っているかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る