理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

公開日: 更新日:

 オレは誰よりも強い横綱だ。その横綱が、お客さんを喜ばせようとサービス精神でやったことの何が悪い――。

 横綱白鵬(34)の心境はおそらく、こんなところだろう。春場所千秋楽の優勝インタビューで観客を促してやった三本締めに対する処分が24日、本人に言い渡された。

 本場所終了を意味する神送りの儀式の前に手締めをしたことが、コンプライアンス規定の「相撲道の伝統と秩序を損なう行為」と判断され、懲戒で最も軽い「けん責」処分に。師匠の宮城野親方は、指導を再三怠ったとして本人より重い「報酬減額」処分(3カ月、10%)となった。

「伝統と秩序、礼節と様式美を、横綱だからこそ守ってほしいと白鵬に伝えた」とは八角理事長のコメントだが、処分に関して言いたいことがあるかと聞かれた本人は「何もありません」と答えただけだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!