白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

公開日: 更新日:

 その瞬間、あまりのけんまく、迫力に、近くにいた親方のひとりは震え上がったという。

 去る3月28日、両国国技館で行われた理事会でのこと。当日は横綱白鵬(34)と師匠の宮城野親方(61=元前頭竹葉山)の姿もあった。春場所千秋楽のインタビューで観客に三本締めを促した行為を「優勝した横綱といえども、一力士としてそういうことをやれる立場なのかという疑問がある。(インタビュー後も表彰式などがあり)まだ途中なのに、会場が手拍子でいっぱいになりビックリした。理事会としてどう考えているのか」と横綱審議委員会が問題視。理事会に白鵬と宮城野親方が呼ばれ、聞き取り調査が行われたのだ。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)によれば、白鵬は「平成最後の場所ということで、盛り上げようと思って締めた」という趣旨の説明をし、謝罪もしたそうだが、白鵬の行為が横審で問題になったのは今回が初めてではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る