プロ初白星はお預け…DeNA阪口は首脳陣肝いりの“番長2世”

公開日: 更新日:

 プロ1球目は150キロを計測した。

 3日の阪神戦でプロ初登板初先発のマウンドに上がったDeNA阪口皓亮(19)。先頭の近本、続く上本に150キロを連発し、2者連続三振。全開だったエンジンはガス欠することなく、5回2安打無失点に抑えた。

 しかし、1点リードで勝ち投手の権利を得て降板した直後の六回、2番手の国吉が上本への初球を左翼スタンドに運ばれ、プロ初勝利は1球で消滅。「次は勝ちに導きたい」と悔しさをにじませた。

 この日、阪口が投じたのは66球。ラミレス監督は「負けてほしくないと思っていたので、あの回で交代した。(五回に)先頭に四球を出して安定性を欠き始めていた。彼には完璧な状態で降りてほしかった」と説明したが、好投を続ける先発としては早めのスイッチだった。

 指揮官が手塩にかける19歳は、今季から投手陣を指導する三浦投手コーチの「お気に入り」でもある。2年前、阪口への指名挨拶で吉田編成部長が「三浦大輔に似ている」と評価したことから、付いたアダ名は「ハマの番長2世」。その元祖が今年から投手コーチに就任し、春季キャンプで一軍メンバーに抜擢した。2月の対外試合初戦で先発に選んだ際は「今いる先発投手陣の中で一番若い。それだけです」と三浦コーチは説明したものの、言葉とは裏腹に期待は大きいという。

 オープナーを起用するなど自転車操業が続くDeNA。阪口の英才教育はどこまで続けられるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

もっと見る