大砲2人同時抹消でも勝利 巨人に助っ人野手はもういらない

公開日: 更新日:

 巨人は6日、GW10連戦最終戦となるDeNA戦の前に、大幅なメンバーの入れ替えを行った。

 ゲレーロ、ビヤヌエバ、畠の3選手が二軍落ち。リリーフ右腕のアダメス、スイッチヒッターで内外野が守れるマルティネス、二軍の4番・北村の3選手が一軍に昇格した。

 原監督にとってゲレーロ、ビヤヌエバの大砲2人は誤算ではないか。

 2017年に中日で本塁打王のタイトルを獲得し、巨人2年目のゲレーロは、30試合で打率.226、4本塁打、13打点、得点圏打率.200。ビヤヌエバは昨年在籍したパドレスで20発を放ち、クリーンアップ候補として、今季FA加入した丸と並ぶ大型補強の目玉の一人だったが、29試合で打率.235、5本塁打、13打点、得点圏打率.167と期待外れだった。

 2人は最近10試合でともに打率1割台。助っ人が2人ずつ4人同時に入れ替えとなるのは異例である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る