セ新の36戦連続出塁 坂本の活躍で巨人は4番・5番に大重圧

公開日: 更新日:

 巨人の坂本勇人(30)が12日、ヤクルト戦の初回の第1打席で中前打を放ち、開幕からの連続出塁を36試合に伸ばした。

 これで1997年の金本(広島)の35試合を抜き、セ・リーグ新記録を樹立。83年にスティーブ(西武)がマークしたプロ野球記録の40試合にあと4に迫った。

 2番の坂本勇はこの日、5打数2安打で相手の失策を含め、3度塁に出た。3番の丸も3四球。2、3番がこれだけ塁に出ても、チームはわずか1得点に終わった。5番の亀井は19得点で大勝した10日のヤクルト戦後、「(4番の岡本と)2人で話すんだけど、2、3番(坂本勇と丸)の出塁率が本当に凄くて、2人で『プレッシャーがかかるな』と話をしている。その後の奈良県民(4番岡本、5番亀井)がしっかり打てばチームは勝つと思う。もう少ししっかりしないといけない」とお立ち台で言って、観客の笑いを誘った。岡本も隣で「打線のつながりをいつも僕が切っていたみたいなもの。常にチャンスで回ってくる。何とか走者をかえせるように頑張ります」と自虐的に話したが、これは冗談のようで冗談ではない。今や切実な問題となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る