セ新の36戦連続出塁 坂本の活躍で巨人は4番・5番に大重圧

公開日: 更新日:

 巨人坂本勇人(30)が12日、ヤクルト戦の初回の第1打席で中前打を放ち、開幕からの連続出塁を36試合に伸ばした。

 これで1997年の金本(広島)の35試合を抜き、セ・リーグ新記録を樹立。83年にスティーブ(西武)がマークしたプロ野球記録の40試合にあと4に迫った。

 2番の坂本勇はこの日、5打数2安打で相手の失策を含め、3度塁に出た。3番の丸も3四球。2、3番がこれだけ塁に出ても、チームはわずか1得点に終わった。5番の亀井は19得点で大勝した10日のヤクルト戦後、「(4番の岡本と)2人で話すんだけど、2、3番(坂本勇と丸)の出塁率が本当に凄くて、2人で『プレッシャーがかかるな』と話をしている。その後の奈良県民(4番岡本、5番亀井)がしっかり打てばチームは勝つと思う。もう少ししっかりしないといけない」とお立ち台で言って、観客の笑いを誘った。岡本も隣で「打線のつながりをいつも僕が切っていたみたいなもの。常にチャンスで回ってくる。何とか走者をかえせるように頑張ります」と自虐的に話したが、これは冗談のようで冗談ではない。今や切実な問題となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  5. 5

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

もっと見る