巨人菅野“一発病”悪化は勤続疲労 OB投手が強制休養を勧告

公開日: 更新日:

「原因は間違いなく勤続疲労。私がコーチなら強制的に休養させる」

 元巨人投手コーチの高橋善正氏がこう言った。昨夜(15日)の阪神戦に先発して自己最悪の10失点、4本もの本塁打を浴びて六回途中にKOされた巨人・菅野智之(29)の投球を見て、「下半身に全く粘りがない。ちょっと深刻な状態ですよ」と言うのである。

 実際、ここまでリーグトップタイの5勝を挙げてはいるものの、原監督が気を揉む「一発病」は治癒するどころか、悪化している。この日は初回の1死一塁でいきなり糸井にスライダーを右翼席へ運ばれると、自らの適時打で1点差に迫った直後の五回に今度は福留に右越えソロを被弾。続く六回には先頭のルーキー木浪にカーブを右翼席中段まで飛ばされ、4番の大山には低めの147キロを左翼スタンド2階席の上部にぶち当てられた。

■傷口を広げる原采配

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  5. 5

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  10. 10

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る