巨人菅野“一発病”悪化は勤続疲労 OB投手が強制休養を勧告

公開日: 更新日:

「原因は間違いなく勤続疲労。私がコーチなら強制的に休養させる」

 元巨人投手コーチの高橋善正氏がこう言った。昨夜(15日)の阪神戦に先発して自己最悪の10失点、4本もの本塁打を浴びて六回途中にKOされた巨人・菅野智之(29)の投球を見て、「下半身に全く粘りがない。ちょっと深刻な状態ですよ」と言うのである。

 実際、ここまでリーグトップタイの5勝を挙げてはいるものの、原監督が気を揉む「一発病」は治癒するどころか、悪化している。この日は初回の1死一塁でいきなり糸井にスライダーを右翼席へ運ばれると、自らの適時打で1点差に迫った直後の五回に今度は福留に右越えソロを被弾。続く六回には先頭のルーキー木浪にカーブを右翼席中段まで飛ばされ、4番の大山には低めの147キロを左翼スタンド2階席の上部にぶち当てられた。

■傷口を広げる原采配

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る