巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

公開日: 更新日:

「でも実際打たれてるんで。原因? 高めで勝負する今年の方針? いや、意図して高めに投げた球は1球もホームランを打たれていないはずです。対策はシンプルに低めに集めるとか、そうなってくるんじゃないですか」

 菅野とコンビを組む同い年の捕手・小林はこう言う。

「打たれている球は、甘いといえば甘い。でも去年よりすごい甘いかといえば、そうでもない。1試合の中で甘い球は必ずあるもの。ソロならいいケースもあるし、終盤に走者をためてホームランを打たれないことが大事。原因? それは話し合っていますけど、智之はここ何年か、すごい投げていますから」

 昨季、日本球界で唯一、投球回数が200イニングに到達(202回)し、10完投も12球団最多だった。2017年のWBCでは侍ジャパンのエースとして奮闘。ここ数年、フル回転してきた影響から、本来は精密機械のような菅野の制球力に狂いが生じているという指摘が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る