巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

公開日: 更新日:

 阪神戦前の段階で宮本投手総合コーチに聞くと、「被本塁打? 打たれているのは甘いけどね。まあ、勝っているから(リーグトップの5勝)いいんじゃないですか。我々が気にすることじゃないでしょう」とあくまでエースの復調を待つ構えだが、水野投手コーチは「去年より甘いよね。高めで勝負している影響? そういうのもあるのかな。制球力だと思う。原因は疲れ? それはみんなに言えることだからね」と首をひねっている。

■「神宮が苦手なんだと思う」

 実際、本塁打を放っている他球団はどう感じているのか。

 昨季まで3年間、巨人で打撃コーチを務め、菅野から3本塁打のDeNAに9年ぶりに復帰した田代チーフ打撃コーチはこう指摘する。

「今年はボールに波がある。良い時と悪い時がハッキリしている。今まであれだけやってきた選手だから、疲れが出ているんじゃないか。自分が(チームの)柱だという責任感は巨人にいた時からすごく感じていた。何かをするというよりも、ゲームで引っ張っていくんだという気持ちが強い選手だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る