急きょ先発回避…日ハム吉田輝星の気になる“お腹トラブル”

公開日: 更新日:

「何があったの!?」

 試合開始直前、球場内が騒然となった。17日、DeNAとの二軍戦に先発予定だった日本ハムドラフト1位・吉田輝星(18)が急きょ、体調不良で登板を回避したのだ。

 吉田はこの日、試合前練習には参加したものの、アップの段階で体調の異変を訴え、練習を中断。試合中に横須賀から鎌ケ谷の二軍施設へ向かった。試合後、球団トレーナーは倦怠感があり、中腹部(おなか)膨満感が出たと説明した。

 腹部膨満感は一般的におなかが張って苦しくなる状態で、消化管にガスがたまったり、胃の運動機能が低下した際に起きる。医療関係者は「食べ過ぎ、飲み過ぎ、呑気症(大量に空気をのみ込む状態)、便秘、ストレスが原因であることが多い。腸閉塞、急性胃腸炎などの病気が潜んでいるケースもある」と言う。救急病院に直行するような状態ではなく、18日に病院で診察を受ける予定。

 おなかのトラブルといえば、昨年のドラ1である清宮幸太郎(19)がキャンプ中に急性胃腸炎、3月には限局性腹膜炎になっている。吉田は6月にも一軍デビューするとみられていただけに、2年続けてのドラ1の病気リタイアは避けたいところだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る