“第4のメジャー”全米プロ 8月から5月開催の移動は大正解

公開日: 更新日:

 世界のトッププロは調子のピークをメジャー4大会に合わせて調整している。ところが、全米プロは今年から前年までの8月開催から、5月に移動した。そのため例年と違う調整に苦しむプロが多かったようだ。

 米ツアーは年始めのハワイから試合が始まり、温暖なカリフォルニア、フロリダと移り、その後は徐々に北へと大会が移動していく。常に気候の良い会場が用意されているのだ。

 そして8月の全米プロは、暑い盛りの米北東部で開催されることが多い。

 それが5月のニューヨーク開催となると、まだ寒さが残っており、これまでの全米プロとは全く様相が異なり戸惑った選手がいたわけだ。

 43歳のタイガー・ウッズもそのひとりだった。

「いつもはマスターズのあと、その後のタイトなスケジュールに備えるために4週間の休みを取っていた。今回は2週前のウェルズファーゴ選手権に出場するつもりだったが、メンタル面の準備ができていなかった」と言った。マスターズに勝った後は1試合もプレーしないで、直接全米プロに乗り込んできた。そしてメジャー連勝を期待されながら、調整不足から予選落ちした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る