マスターズとは別人…ウッズ予選落ちに影落とした訴訟問題

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権】2日目

 今大会の主役が予選で消えた。

 初日に2オーバー、51位と出遅れたタイガー・ウッズ(43)はこの日も大苦戦。前半は2バーディー、2ボギーで後半に入るも、10番から痛恨の3連続ボギー。13番は3打目を2・5メートルにつけてひとつ返したが、続く14番はピン手前約20メートルから3パットボギー。再びスコアを落とし、残る4ホールはパー。通算5オーバー、83位タイ。4月のマスターズに次いでメジャー連覇が期待されたが予選敗退となった。

 大会前日のウッズは予定していた練習ラウンドを取りやめた。「少し気分が悪かった」と体調不良だったことを明かし、「もう、よくなった」と語っていたが、精彩を欠いた2日間のプレーを見る限り、11年ぶりのメジャー優勝を遂げたマスターズのような勇ましい姿ではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る