青息吐息ケプカ“貯金”に救われ…ウッズ以来の全米プロ連覇

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権】

「モンスターコース」に強風が吹いたことで劇的な最終日となった。

 首位発進は通算12アンダーのB・ケプカ(29)。世界ランク3位、メジャー3勝の実力者が大会史上最多となる2位と7打差でスタートすれば勝者は決まったも同然、と誰もが思ったはずだ。

 ところが、この日は3日目までとは逆の強い南風が選手たちのボールコントロールと距離感を狂わす。そんな中でも2位スタートのD・ジョンソン(34)は前半3バーディー、ノーボギー。一方のケプカは前半イーブンで折り返し、10番のバーディーで13アンダーと伸ばすも、直後にまさかの悪夢が待っていた。

 11番から第1打が左右に曲がり、14番(パー3)はグリーンオーバーで4連続ボギー。ジョンソンが15番で3メートルのバーディーパットを決めて1打差まで迫られ、ケプカの表情がみるみる変わる。大逆転のチャンスが訪れたジョンソンは16番の第2打でグリーンオーバー、17番も第1打をグリーン右奥のラフに外し連続ボギー。勢いがピタリと止まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る