全米プロ最終日 松山は5番Wボギーで意気消沈ボロボロ16位

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権】

 通算4アンダー6位タイ発進の松山英樹(27)。首位ケプカとは8打差だが、自身のメジャー最高成績(2016年全米プロ4位)を更新できるか、に注目が集まった。

 2番でバーディーが先行したが、直後の3番ボギーから流れが悪くなり、5番は痛恨のダブルボギー。

 強い南風にショットが乱れて9番から3連続ボギー。唯一の見せ場は17番パー3。ピン直撃のもう少しでエースというショットで観客を沸かせたが、4日間ワーストの77をたたき通算3オーバー16位に終わった。

▽松山のコメント
「フェアウエーをとらえられず、リカバリーもうまくいかず、少し残念な結果になった。5番のダブルボギーで上との差を考えた時にきつくなった。いいショットもありプラスに考えて今後も頑張りたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る