ソフト今宮が目下パ2位Tの5本塁打「守備の人」を覆せるか

公開日: 更新日:

 小さな「大打者」がこの日も躍動した。

 10日の日本ハム戦、ソフトバンクの今宮(27)が六回、今季5号となる同点2ランをかっ飛ばした。試合は延長で競り負けたものの、それで今宮の打撃の価値が下がるわけではない。強打者揃いのパにあって、172センチの今宮の5本塁打はリーグ2位。打率.340、7打点と絶好調だ。

 過去、今宮が打率3割を超えたことはなく、本塁打も2017年の14本が最多。それでも昨オフ、年俸2億6000万円プラス出来高の4年契約という破格のオファーを受けたのは、遊撃守備や犠打などの貢献度を評価されたからだ。

 しかし、17年に52個をマークした犠打も、今季はゼロ。柳田とまでは言わずとも、力強いスイングで2番を打っている。

「明豊高校時代は通算62本塁打の強打者。もともとパワーはありますからね。これまでは主に2番や下位打線としての役割に縛られていたフシもあった。過去には本塁打を打ったにもかかわらず、王会長に『今宮に求めてるのはそういうのじゃないんだけどね』と苦笑いされた経験もある。工藤監督は現在の今宮の打撃を評価しているので、バント封印もOKと聞いている」(球団OB)

 打って打って打ちまくって、「守備の人」の評価を覆せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る