ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

公開日: 更新日:

「羨ましいよ。ケガ人が続出しているのに、いい育成出身選手がゴロゴロいるんだから」

 パのライバル球団の編成担当が苦笑いを浮かべてこう言った。

 ソフトバンクは今季、ケガ人が続出。4月末には外野のスタメンに内野手登録の3人が並ぶ異例の事態に陥った。しかも、柳田(年俸5.7億円)、サファテ(5億円)、バンデンハーク(4億円)、中村(2.4億円)という高給取りばかりが離脱。普通なら、大コケしてもおかしくないのに、20勝13敗2分けで首位を快走中だ。

 これを支えているのは、育成上がりの安月給選手たちだ。2017年育成4位の大竹(年俸1500万円=写真)は、防御率はリーグトップの1.02。17年育成2位・周東(600万円)、11年育成1位・釜元(600万円)、10年育成5位・牧原(2000万円)らがチームの勝利に貢献している。10年育成4位・千賀はエースとなり、10年育成6位の甲斐は堂々の正捕手である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  6. 6

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る