開幕から4戦4勝 ソフトB高橋礼が心酔する“牧田流”投球術

公開日: 更新日:

 福岡のサブマリンが、この日も深く静かに潜航した。

 21日、ソフトバンクの高橋礼(23)が西武打線を相手に5回2安打2失点。五回には押し出し四球を与えるなど制球に苦しんだものの、開幕から4戦4勝でハーラートップをひた走っている。

 一軍デビューした昨季は下手投げ特有の「低さ」を意識するあまり、球速ダウン。打ち込まれるケースが多々あった。高橋礼の魅力はMAX144キロの直球。ヒザを故障する前の山田久志を彷彿させる速球派だ。

 そこで高橋礼が考えたのは、手首の角度。制球はある程度犠牲になるものの、手首を立てればボールによりパワーが伝わりやすい。もともと低い位置から投げることもあって、140キロ台の球速は打者には150キロにも見えるという。

 ある球団OBは「元西武の牧田(現パドレス傘下)の投球も参考にしている」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る