開幕から4戦4勝 ソフトB高橋礼が心酔する“牧田流”投球術

公開日: 更新日:

 福岡のサブマリンが、この日も深く静かに潜航した。

 21日、ソフトバンク高橋礼(23)が西武打線を相手に5回2安打2失点。五回には押し出し四球を与えるなど制球に苦しんだものの、開幕から4戦4勝でハーラートップをひた走っている。

 一軍デビューした昨季は下手投げ特有の「低さ」を意識するあまり、球速ダウン。打ち込まれるケースが多々あった。高橋礼の魅力はMAX144キロの直球。ヒザを故障する前の山田久志を彷彿させる速球派だ。

 そこで高橋礼が考えたのは、手首の角度。制球はある程度犠牲になるものの、手首を立てればボールによりパワーが伝わりやすい。もともと低い位置から投げることもあって、140キロ台の球速は打者には150キロにも見えるという。

 ある球団OBは「元西武の牧田(現パドレス傘下)の投球も参考にしている」と、こう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る