12球団唯一の3戦3勝 ソフトB高橋礼の気になる“オンとオフ”

公開日: 更新日:

 プロ初勝利から、とんとん拍子に勝ち星を重ねている。

 15日現在、12球団で唯一、3勝しているのがソフトバンクの高橋礼(23)だ。ルーキーイヤーの昨季は12試合に登板。3試合に先発して0勝1敗も、防御率は3.00だった。開幕ローテ入りを果たした今季は3戦3勝と乗りに乗っている。

 2017年ドラフト2位で専修大から入団。アンダースローながら、MAX144キロの速球を武器にしている。

 ある球団OBは「ちょっと抜けてるところがある」と、こう言う。

「ソフトバンクは他球団同様、大卒選手は独身なら通常2年は寮住まいです。でも、活躍すればその限りじゃない。昨季1年目だった大竹は、11試合で3勝2敗の成績を残し、オフに一人暮らしを始めた。高橋も昨季の成績だったら、退寮を申し出ても問題なく許可されたはず。本人もそのつもりでいたらしいが……言い忘れてたというんですね。今年に入ってから球団スタッフに、『なんで退寮しなかったの? 寮の方が便利だからか?』と聞かれるや、『しまった! (寮を出たいと)言うのを忘れてたー!』ですからねえ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  9. 9

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る