U-20W杯代表は“飛車角落ち”で満身創痍 早くもGL敗退の危機

公開日: 更新日:

 23日に開幕するU―20(20歳以下)W杯(決勝6月15日)に向けてU―20日本代表が14日、開催地のポーランドに向けて飛び立った。グループリーグ初戦(23日)で南米王者のエクアドルと対戦。26日の2戦目の相手はA代表でも実績のある選手が多いメキシコ。3戦目(29日)は優勝候補のイタリアと顔を合わせる。いずれも強敵揃いの上に日本代表は<飛車角落ち>なのだ。

 この年代のエースであるFC東京MF久保建英(17)、鹿島で背番号10を背負っているMF安部裕葵(20)、そして広島でレギュラーGKを務めている大迫敬介(19)の3人は「A代表に呼ばれて6月5、9日のキリンチャレンジ杯2試合とブラジルで6月14日に開幕するコパ・アメリカに参戦予定」(サッカー関係者)なので招集外。さらには守備リーダーの浦和DF橋岡大樹(19)、大迫と正守護神の座を争っていたG大阪GK谷晃生(18)が体調不良でW杯本大会に間に合わず、13日には清水のMF滝裕太(19)がケガで戦線離脱。13日の午前中にFC東京FW原大智(20)を追加招集し、同日午後3時開始の流通経済大との練習試合でプレーさせるドタバタぶり。チームは満身創痍である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  3. 3

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  8. 8

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  9. 9

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  10. 10

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る