畑岡奈紗2戦連続2位 ドライバー乱れ全米女子は苦戦必至か

公開日: 更新日:

【ピュアシルク選手権】最終日

 昨年はプレーオフに敗れて2位。最終日首位タイ発進の畑岡奈紗(20)にとって、雪辱と今季2勝目に向けて絶好のチャンスだった。この日は4バーディー、2ボギーの69で回り、2年連続2位フィニッシュ。畑岡と最終組で回ったブロンテ・ロー(24=英国)が67で回り、通算17アンダーでツアー初優勝を挙げた。

 畑岡は攻めに転じた終盤にドライバーが曲がりだした。

 前日にチップインイーグルを奪った15番パー5(483ヤード)は、2オンも可能なチャンスホール。ところが右バンカーにつかまりパーどまり。

 ドライバー飛距離は今季263・5ヤードと昨季より約6ヤード伸びた。しかし、フェアウエーキープ率は昨季の72・16%(ランク78位)から67・77%(110位)と精度が落ちている。今週の全米女子オープンは全米ゴルフ協会が設定し、ラフが長く、うねる高速グリーンが有名だ。ドライバー精度が悪ければ苦戦は必至だ。

「ここまで調子よく来ている。全米女子オープンも精いっぱい頑張りたい」(畑岡)

 また、野村敏京が8アンダー21位、横峯さくらは2アンダー55位、山口すず夏は2オーバー68位。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る