畑岡奈紗が米ツアー3勝目 元世界女王・朴仁妃を逆転で下す

公開日: 更新日:

 米女子ゴルフ「起亜クラシック」は現地時間3月31日、米カリフォルニア州アビアラGC(パー72)で最終ラウンドが行われた。

 1打差2位発進の畑岡奈紗(20)が、6バーディー、1ボギーの67で回り逆転で今季初優勝、通算3勝目を挙げた。

 最終日はメジャー7勝の元世界女王、朴仁妃(30)と最終組のペアリング。

「インビとのラウンドに緊張したけど、自分のプレーに集中できた」(畑岡)と、出だし1番で1メートルのバーディーパットを沈めて並ぶと、前半は3つスコアを伸ばしてターン。

 後半はワンオン可能な16番パー4でグリーン左サイドの池につかまり初ボギーをたたいたが、直後の17番パー5は3打目をピンそば30センチにつけてバーディーを奪い返し、通算18アンダーまで伸ばして後続を突き放した。

 来週開催されるメジャー初戦のANAインスピレーションにはずみをつける勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る