ヤクルト15連敗で風雲急…早くも聞こえる“ポスト小川”候補

公開日: 更新日:

 接戦には持ち込んだが、あと1点が遠かった。

 ヤクルト小川淳司監督(61)は、最後の打者となった奥村が二ゴロに倒れたのを見届けると、重い足取りでベンチ裏へと歩みを進めた。

「終盤の失点が痛かった。終盤に追い上げたので失点が残念。明日につなげるしかない」

 報道陣に囲まれた指揮官は力なく話すと、そのまま会見を切り上げた。

 5月31日のDeNA戦に2―3で敗れ、49年ぶりの15連敗。リーグワーストまであと1に迫った。月間20敗は球団ワーストで、借金は2ケタの10に突入した。

 やまない雨はないという。だが、5月12日の巨人戦から20日間も勝利から見放されれば、そんな言葉もむなしく響く。

「結果がすべてのこの世界、神頼みなんて言っちゃいけないけれど、もう祈るしかないよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る