ヤクルト連敗16で止めた “20歳の若女房”古賀優大の学習力

公開日: 更新日:

 21日ぶりに勝った。

 ヤクルトが連敗を16で止めた2日、小川監督は「ホッとした……って言っちゃいけないけど、とりあえずホッとしたのが正直な気持ち。(この3週間)なんとかして連敗を止めなきゃという思いしかなかった」と胸をなで下ろした。衣笠球団社長は「長かった……その一言に尽きます。(セの)ワースト記録(16)の更新だけは避けたかった」と安堵の表情。ベンチ裏には3週間ぶりの白星に歓喜する選手の雄たけびが響き渡っていた。

 泥沼を救ったヒーローは、打っては先制の3点二塁打のベテラン大引、投げては七回途中まで1失点の好投を見せた先発の原樹理――となるが、プロ4年目で初の中4日登板となったその原を、好リードで支えた3年目の古賀優大(20)の存在も忘れてはいけない。

 今季初にして、プロ入り2度目の先発マスク。昨年5月2日の初スタメンの際の先発投手も実は原だった。その試合を含め、原とは計3試合でバッテリーを組んで計15回3分の2で15失点。その苦い経験を、負ければリーグの連敗記録更新という窮地で生かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る