DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

公開日:  更新日:

 オリックスからトレードで加入したDeNAの伊藤光捕手(29)。9日に移籍が発表されると、球宴明けの16日に一軍合流。即スタメンで起用された。

 戸柱、嶺井というレギュラー捕手がいながら、高田GMが「正捕手が欲しかった」と話したのは、彼らの打撃面やブロッキング(ワンバウンド投球を止める技術)に不安があったからだ。

 一方で、投手側からは「ずっと同じ捕手と組んでいたから、その方が自分の調子を分かってくれるというのはあります。ここまで捕手が代わるのは初めてのことで難しい」という声も。ちなみに、この日先発した浜口の専属捕手は伊藤と交換で放出された高城だった。“新参者”の伊藤は何を思うのか。直撃した。

 ――16日は新天地での初起用でした。6人の投手と組みましたが、ほぼぶっつけ本番だったと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る