復帰は鬼門ロッテ戦 巨人菅野につきまとう腰痛再発の不安

公開日: 更新日:

 セの3位で交流戦に突入する巨人には、不安材料が少なくない。当初から不安視されたリリーフ陣の防御率はリーグ5位の3.84。先発投手と打線の頑張りで5月20日までは首位に立っていたものの、その先発陣にも陰りが見え始め、20日時点で3.54だったチーム防御率は3.80まで悪化している状況である。交流戦開幕カードとなる楽天戦には今村と、ともに今季初先発となる田口、桜井の若手3人が登板する苦しい台所事情だ。

「中でも心配なのが、エースの菅野の状態です。先月21日に腰の違和感で登録抹消され、さる2日になって離脱後初めてブルペン投球を行った。本人は『いい感じ』と言っているようだが、同じく腰を痛めて4月14日に抹消された内野の吉川尚はいまだに二軍でも実戦復帰できていない。もちろん、故障の程度に差異はあろうが、腰痛はなかなか完治しにくいことは確か。そこへ持ってきて、重鎮OBの広岡(達朗)さんが、野球雑誌のコラムで、菅野が前回の原監督時代にも腰を痛めていた、と明かした。古傷と化しているなら、交流戦で一軍に戻ってきたあとも、常に再発の可能性を心配しないといけない」(巨人OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る