復帰は鬼門ロッテ戦 巨人菅野につきまとう腰痛再発の不安

公開日: 更新日:

 セの3位で交流戦に突入する巨人には、不安材料が少なくない。当初から不安視されたリリーフ陣の防御率はリーグ5位の3.84。先発投手と打線の頑張りで5月20日までは首位に立っていたものの、その先発陣にも陰りが見え始め、20日時点で3.54だったチーム防御率は3.80まで悪化している状況である。交流戦開幕カードとなる楽天戦には今村と、ともに今季初先発となる田口、桜井の若手3人が登板する苦しい台所事情だ。

「中でも心配なのが、エースの菅野の状態です。先月21日に腰の違和感で登録抹消され、さる2日になって離脱後初めてブルペン投球を行った。本人は『いい感じ』と言っているようだが、同じく腰を痛めて4月14日に抹消された内野の吉川尚はいまだに二軍でも実戦復帰できていない。もちろん、故障の程度に差異はあろうが、腰痛はなかなか完治しにくいことは確か。そこへ持ってきて、重鎮OBの広岡(達朗)さんが、野球雑誌のコラムで、菅野が前回の原監督時代にも腰を痛めていた、と明かした。古傷と化しているなら、交流戦で一軍に戻ってきたあとも、常に再発の可能性を心配しないといけない」(巨人OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い