復帰は鬼門ロッテ戦 巨人菅野につきまとう腰痛再発の不安

公開日: 更新日:

 菅野は最短で9日のロッテ戦での先発復帰が見込まれているが、故障明けの上に、離脱前4試合の防御率は7・13と大量失点を重ねていた。被本塁打13はリーグワーストで深刻な一発病も問題視されていた。しかも、ロッテ戦には過去6年間で4試合に先発して1勝3敗、9失点。昨年は9奪三振の完封で対ロッテ戦の初勝利を挙げているものの、本人には“くみしやすい相手”という印象はないだろう。

 巨人では4日の楽天戦から、オフに患った感染症の影響で二軍調整していたリリーフのマシソンが一軍に昇格する見込みとなった。脆弱な救援陣の立て直しにはこれ以上ない朗報だが、絶対的エースの状態次第では、それもぬか喜びになりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  3. 3

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  4. 4

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  10. 10

    山Pは「稼げない」ジャニーズの“貴公子”電撃退所の舞台裏

もっと見る