広島・田中広輔やっと打率2割…もがき苦しんだ2カ月を吐露

公開日: 更新日:

 屈辱の1割台を脱出した。

 開幕から打撃低迷にあえいでいる広島田中広輔(29)。4月には27打席無安打と不振を極めた時期もあった。球場のスターティングメンバーの中で表示される1割台の打率がその深刻さを物語っていた。

 しかし、5日の西武戦では4打数3安打5打点の猛打賞。八回にはゲームを決定づける満塁弾を右翼スタンドに叩き込み、この日の試合前に.192だった打率は.203に上がった。

「(調子は)少しずつ良くなってきているので、もっともっとチームに貢献できるように頑張りたい。甘い球は積極的にいこうというのは(きょうの)ミーティングでも話をしていた。でも、まだ安心する数字じゃないですし、打つだけが野球じゃないので」

 試合後、そう話した田中は、ここまで4試合連続安打中。チームに貢献できない日々が続いた先月は、変化を恐れることなく試行錯誤を繰り返してきた。試合前練習では連日のように迎打撃コーチがマンツーマンでバットの出し方を指導。打撃フォームの修正に取り組んできたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る