輝星1軍デビューは広島戦か 鯉打線抑える鍵はカットボール

公開日: 更新日:

 日本ハムが昨年のドラフト吉田輝星を高く評価した最大の理由はカットボールだという。

 打者の手元で浮き上がって見える速球はもちろん、軌道が速球とほぼ同じで、ほんの数センチ横滑りするカットボールが1位指名の決め手になったそうだ。

 夏の甲子園でも、その後のU18でも投じた、ほんの数球のカットボールは、確実にプロで通用するとの評価だった。スライダーと比べて曲がりが小さいため、当初本人は実戦で投げなかったものの、コーチの助言もあって使いだしたところ、思った以上に効果的だったとか。それで意識的に投げ始めたそうだ。

 吉田は4日、イースタンの巨人戦に先発予定。本人は「スライダーとカットボールをうまく使いたい」と話している。2つの球種を効果的に使えれば、速球はもちろん、縦のカーブやフォークもより生きてくると考えているのだろう。

 4日は90球がメドで、順調にいけば11~13日の広島戦(札幌ドーム)で一軍デビューする見込みだ。

 いきなり強力打線と対戦することになるが、抑えられるかどうかは生命線であるカットボールのデキにかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る