輝星1軍デビューは広島戦か 鯉打線抑える鍵はカットボール

公開日: 更新日:

 日本ハムが昨年のドラフトで吉田輝星を高く評価した最大の理由はカットボールだという。

 打者の手元で浮き上がって見える速球はもちろん、軌道が速球とほぼ同じで、ほんの数センチ横滑りするカットボールが1位指名の決め手になったそうだ。

 夏の甲子園でも、その後のU18でも投じた、ほんの数球のカットボールは、確実にプロで通用するとの評価だった。スライダーと比べて曲がりが小さいため、当初本人は実戦で投げなかったものの、コーチの助言もあって使いだしたところ、思った以上に効果的だったとか。それで意識的に投げ始めたそうだ。

 吉田は4日、イースタンの巨人戦に先発予定。本人は「スライダーとカットボールをうまく使いたい」と話している。2つの球種を効果的に使えれば、速球はもちろん、縦のカーブやフォークもより生きてくると考えているのだろう。

 4日は90球がメドで、順調にいけば11~13日の広島戦(札幌ドーム)で一軍デビューする見込みだ。

 いきなり強力打線と対戦することになるが、抑えられるかどうかは生命線であるカットボールのデキにかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る