G正捕手問題は激化「小林より1枚半上」の炭谷も安泰ならず

公開日: 更新日:

 9日に25日ぶりの復帰登板を果たした巨人のエース菅野。白星に導いたのは、これまでの相棒の小林誠司(30)ではなく、FA加入1年目の炭谷銀仁朗(31)だった。

 初めてコンビを組ませた原監督は「リード面において銀ちゃんの方が1枚半上回っている」と話した。

 巨人の正捕手争いは小林が37試合で打率.259、炭谷は24試合で同.250。開幕当初は捕手を務めていた大城が、打力を生かすため最近は一塁へ回っており、しばらく小林、炭谷の併用が続いていた。しかし、原監督が「1枚半上」と言っている以上、菅野と小林のコンビは解消され、今後は炭谷の出場機会が増えそうだ。

 が、その炭谷でさえ安泰ではないのが巨人である。このオフ、目玉捕手がFA戦線に躍り出る。広島のリーグ3連覇を支えた今季打率.287の打てる捕手・会沢翼(31)のことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る