G正捕手問題は激化「小林より1枚半上」の炭谷も安泰ならず

公開日: 更新日:

 9日に25日ぶりの復帰登板を果たした巨人のエース菅野。白星に導いたのは、これまでの相棒の小林誠司(30)ではなく、FA加入1年目の炭谷銀仁朗(31)だった。

 初めてコンビを組ませた原監督は「リード面において銀ちゃんの方が1枚半上回っている」と話した。

 巨人の正捕手争いは小林が37試合で打率.259、炭谷は24試合で同.250。開幕当初は捕手を務めていた大城が、打力を生かすため最近は一塁へ回っており、しばらく小林、炭谷の併用が続いていた。しかし、原監督が「1枚半上」と言っている以上、菅野と小林のコンビは解消され、今後は炭谷の出場機会が増えそうだ。

 が、その炭谷でさえ安泰ではないのが巨人である。このオフ、目玉捕手がFA戦線に躍り出る。広島のリーグ3連覇を支えた今季打率.287の打てる捕手・会沢翼(31)のことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る