5回1失点も白星逃す…“がむしゃら”雄星に必要なのは夏休み

公開日: 更新日:

 マリナーズ・菊池雄星(27)が13日(日本時間14日)のツインズ戦に登板。5回を1本塁打含む6安打1失点と試合を作ったが、白星を手にできなかった。5月19日のツインズ戦で3勝目を挙げたのを最後に勝ち星から遠ざかっている。

 この日は試合を作ったが、開幕から2カ月が経過し、主力クラスでも疲労から調子を崩す時期だ。メジャー1年目の菊池はなおさらで、パフォーマンスが低下しても仕方のないことではある。

 これまでも、日本人選手が1年目の前半戦中盤に差し掛かって失速するケースは少なくなかった。ヤンキース・田中将大(30)はルーキーイヤーの14年、7月8日までの18試合で12勝4敗、防御率2.51。好スタートを切りながら、前半戦終了間際に右肘靱帯の部分断裂で離脱。昨季、二刀流をこなした大谷も6月8日に右肘内側側副靱帯損傷で、田中と同じ治療を受けた。ボールやマウンド、登板間隔など、ただでさえ環境が異なるだけに、投げる負担は大。菊池の疲労がピークに達していても何ら不思議ではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  4. 4

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る