V・ホブランがプロ転向へ メジャー2つ目のローアマも獲得

公開日: 更新日:

【全米オープン】最終日

 昨年の全米アマ優勝資格で出場したビクトル・ホブラン(21)が、4月のマスターズに続き、今大会でもローアマタイトルを獲得した。

 イーブンパー27位タイ発進の最終日は、松山英樹がトリプルボギーをたたいた6番パー5でも手堅くバーディーを決めて、アウトは4つスコアを縮めてターン。

 後半は2バーディー、2ボギーの67で回り、通算4アンダーフィニッシュだった。若い頃のR・マキロイに似た力強いスイングで、ストローク・ゲインドは「オフ・ザ・ティー」「アプローチ」ともプラスだった。

 昨年の全米アマ会場がペブルビーチGLだったのも自信になった。

 ノルウェー生まれのホブランは、2014年「ノルウェーアマチュア選手権」に勝って、米ゴルフ名門校のオクラホマ州立大学に進学。マスターズに出場した初のノルウェー人だった。今大会終了翌日の月曜日にプロ転向を宣言。人気選手のため、すでに4試合のツアー推薦出場が決まっている。

▼ホブランの話「素晴らしいスタートが切れて、4アンダーで終えることが出来たのはよかった。今日のパフォーマンスを生かして、プロになったらツアー優勝に絡みたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る