V・ホブランがプロ転向へ メジャー2つ目のローアマも獲得

公開日: 更新日:

【全米オープン】最終日

 昨年の全米アマ優勝資格で出場したビクトル・ホブラン(21)が、4月のマスターズに続き、今大会でもローアマタイトルを獲得した。

 イーブンパー27位タイ発進の最終日は、松山英樹がトリプルボギーをたたいた6番パー5でも手堅くバーディーを決めて、アウトは4つスコアを縮めてターン。

 後半は2バーディー、2ボギーの67で回り、通算4アンダーフィニッシュだった。若い頃のR・マキロイに似た力強いスイングで、ストローク・ゲインドは「オフ・ザ・ティー」「アプローチ」ともプラスだった。

 昨年の全米アマ会場がペブルビーチGLだったのも自信になった。

 ノルウェー生まれのホブランは、2014年「ノルウェーアマチュア選手権」に勝って、米ゴルフ名門校のオクラホマ州立大学に進学。マスターズに出場した初のノルウェー人だった。今大会終了翌日の月曜日にプロ転向を宣言。人気選手のため、すでに4試合のツアー推薦出場が決まっている。

▼ホブランの話「素晴らしいスタートが切れて、4アンダーで終えることが出来たのはよかった。今日のパフォーマンスを生かして、プロになったらツアー優勝に絡みたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  10. 10

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る